焼きドーナツ

油で揚げていないからカロリーダウン?焼きドーナツ(酒種酵母)

材料

  • 薄力粉 200g
  • 酒種酵母種 20g
  • はちみつ 60g
  • トレハロース 20g
  • 卵 2個(100g)
  • 塩 2g
  • スキムミルク 10g
  • 水 30g
  • バター 75g
こんな材料を使っています-材料の詳細と館長の私見

作り方

〔中に入れる具材等の準備〕

  • バターは電子レンジ、もしくは湯煎にかけて溶かしておく。
  • 薄力粉はふるっておく。

〔混ぜる~一次発酵〕

混ぜる

  • ボウルに酒種酵母種と卵を入れて、ホイッパーでよく混ぜる。
  • そこへ砂糖、水、薄力粉、スキムミルク、塩、溶かしバターの順に混ぜる。
  • ボウルをラップで覆うなどして乾燥しないようにしながら、4、5時間ほど発酵さる。(写真のように、5時間ほど経ったものは、生地の中に泡が発生しているのが確認できます。)

〔二次発酵〕

二次発酵

  • 一次発酵が終了したらゴムベラなどで全体をサックリと混ぜる。
  • ベイクドドーナツ型にショートニングを塗り、生地をスプーンなどですくって、型に入れる。この型では1個に対して35gの生地を入れています。1個の型サイズは直径70mm×高さ20mmです。
  • 1時間ほど生地が乾かないようにして二次発酵させる。

〔焼く〕

二次発酵終了

  • 写真のように生地がプックリと膨れて、生地表面に小さな気泡が出てきたら二次発酵が終了。(生地がゆるいのでパン生地を発酵させた時のように大きくは膨れません)
  • 180℃のオーブンで20分焼けば出来上がり。
  • 焼き上がったら直ぐに、金網や籠の上に乗せて冷ます。

メモ

  • 最近は焼きドーナツの専門店も増え、自宅でも手軽に焼きドーナツが作れるようにと、ドーナツメーカーなども多く販売されており、とても人気が出てきています。そんな焼きドーナツを天然酵母を使って作れないかと色々と試行錯誤してみました。ここでは酒種酵母を使って作っていますが、ホシノ酵母など市販の天然酵母でも同じ要領で作れると思います。焼きドーナツでよく使われる、ベーキングパウダーを酵母種に代えればいいのだ。でも、その分、時間は何倍もかかるのが欠点である。
  • 油で揚げていないからカロリーダウンでヘルシー?・・・それはちょっと疑問・・・材料にはバターや砂糖をたくさん使っているのでマフィンやパウンドケーキのような感じで、意外とハイカロリーかも。ちなみにカロリー計算をしてみると、これ1個当たり(約30g)125kcalぐらいになるかな。参考ですがミスタードーナツのオールドファッションは1個(約50g)で277kal(ミスドのHPより)です。同じ重さで比較したらこの焼きドーナツの方がカロリーは低そうですが・・・。まっ、美味しければいいじゃないですか。それでも焼きドーナツは、油を使わないので手軽に作れて後片付けも簡単なところがいいですね。
  • 外側はサックリとしていて、中はふんわりとした焼きドーナツです。
    焼きドーナツの中
  • これに粉糖などをふれば可愛らしいデザートに変身します。写真は粉糖・きな粉・ココアです。
    焼きドーナツ(粉糖・きな粉・ココア)
  • マフィンの生地をベースに作っています。
  • この生地量でこの可愛らしいサイズの焼きドーナツが14個ぐらいできます。ここでは12個の焼きドーナツを作り、残った生地でマフィンを作りました。
    マフィン(酒種酵母)

【ドーナツ型】6取天板【シリコン加工】

【ドーナツ型】6取天板【シリコン加工】
518 円 (税込)
評価 4.66
主な仕様■天板サイズ:約260×180mm■単品サイズ:約70×h25mm■素材:ブリキにシリコン樹脂加工■原産:中国シリコン加工ですので、空焼きの必要がなく、焼きあがったお菓子をきれいに型からはずせます。※業務用生産のため販売パッケージ等に保管されていないので多少のすりキズ..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop