キッチンニーダー(KK81)でパン作り~総合評価

キッチンニーダー

キッチンニーダー(KK81)

仕様

  • 製品 キッチンニーダー
  • 製造 日本ニーダー株式会社 〔HP〕
  • 型番 KK81
  • 粉量 250~800g
  • 付属品 ドームふた,取扱説明書,レシピ
  • 電源 交流100V
  • 消費電力 105W(50Hz)/115W(60Hz)
  • 寸法 幅360mm X 奥行220mm X 高さ260mm
  • 質量 約5.5kg
  • 色 ホワイト

《即納/あす楽対応》日本ニーダー パンこね機 パンニーダー PK800 プラスチックポット/容量250g-800kg KNEADER

《即納/あす楽対応》日本ニーダー パンこね機 パンニーダー PK800 プラスチックポット/容量250g-800kg KNEADER
21,000 円 (税込) 送料込
評価 4.57
パン、うどん、お餅、パスタ、蕎麦など幅広い生地作りにご使用頂けます。粉量250〜800gまでパン、そば、うどん、パスタ、中華めん、もちなどこねに特化した生地作りプロの手ごねを再現! 包み込むようなこねで生地を傷めないので、キメ細かくグルテンの伸びが違います。 レ..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

キッチンニーダーを使ってみて

良い点

  • 操作が簡単です。後始末も手間がかかりません。
  • パン作りで一番大変で重要な「こね」を、材料を投入してスイッチを入れるだけで、見事にこなしてくれます。なんと言っても楽にきれいで均質な生地が出来る点が素晴らしいです。
  • グルテンの形成も早く、手ごねに比べると格段に時間が短縮できます。
  • 捏ね上がった生地の状態が安定しており、ツルッとした滑らかな仕上がりになります。
  • 加水の多いベタ付いて扱い難い生地もスムーズに捏ね上げてくれます。プラスチック製のポットの表面はエンボス加工が施されているので、生地が付き難く、後片付けも簡単です。
  • 本体からポットが外せるので、生地が捏ね上がったら、そのまま適温の場所で発酵が出来るので、他の容器へ移し替える必要もありません。ポットにはフタも付いているので、乾燥が防げます。
  • 一度に扱える粉量が800gと多いので、食パンなら1度に3斤分の生地を捏ねる事が可能です。家庭で扱うには十分の量だと思います。
  • ドライイーストでも天然酵母でも酵母に関係なく生地を捏ね上げられます。
  • 米粉も小麦粉同様に扱えます。
  • パン生地以外にうどんやお餅も作れます。
    うどん
  • 生地を捏ねるのは思っている以上に重労働ですが、これなら機械が長時間こね続けてくれます。一日に何度も(家庭ではそうそう捏ねないが)仕上げまで1回20分くらいですが、それを文句も言わずに何度もこなしてくれます。
  • ただし、長時間回し続けると機械(モーター)の温度が上がってくるので、ポットの底の方の温度が上がってきます。冬はそれほど問題にならないと思いますが、夏場はポットと機械の間に保冷材などを挟む必要が出てくる場合があります。保冷材を簡単に挟めるので温度調節は容易なので心配はいらないと思います。
  • メーカーの日本ニーダーでは、定期的にニーダーのデモンストレーションや使い方、ニーダーを使ったパン教室などの開催もあり、購入前、購入後のサービスも充実している点からも、とても安心感があります。また、ウェブ上ではニーダーユーザーのコミュニティサイトもあり、ユーザー同士の意見交換やニーダーの使い方の疑問にメーカーの方が丁寧に答えてくれる嬉しいサービスもあります。
  • ホームベーカリーや高価なフードプロセッサーと比べて構造的にも単純であ『混ぜる・捏ねるという機能に特化されている』ので、メンテナンスが簡単です。更に故障も少ないと考えられます。また、故障しても修理に手間がかからないことが想像できます。
  • ただそれだけの機能しかないのになんだか高価なイメージがありますが、長い目でみると使い勝手が良くコスト的にも安いと思います。

ちょっとウ~ンな点

  • 羽根の力が強いので、しっかりとした安定した台の上に置く必要があります。一度、テーブルカバーを敷いある台の上に乗せて動かしたら、テーブルカバーごと遠心力で器械がグ~ッと移動していきました。
  • 羽根の回転速度は変えることが出来ません。出来ればもう少しスロー回転の速度があると嬉しい。最初、材料(多い場合)を入れた状態でスイッチを入れた時、小麦粉がブワッと舞い上がる可能性があります。(フタをしていれば問題がありません)
  • ザラメや粒ジャムのような硬い材料を入れた場合は、ポットの表面を傷つける可能性があります。クルミなどのナッツ類は問題ありません。
  • 捏ね過ぎには注意が必要です。何度か繰り返し使っていると、どれくらいのタイミングで仕上げたら良いかがわかります。それまでは少し辛抱です。
  • ポットの内側に生地は付きにくいのですが、エンボス加工(プラスチックポットの場合)されているので、スポンジなどを使って洗う時にちょっと引っかかって洗い難いと感じる時もあります。

総合評価

素晴らしい!これを使ったら手放せません。もう手ごねには戻れません(^^;

なんと言っても楽です。材料を投入してスイッチを入れれば、後は機械がやってくれます。

しっかりとしたグルテンの薄い膜が形成され、滑らかな仕上がりです。安定したこね上がりで、ばらつきの少ない生地が出来上がります。その結果、焼き上がったパンは口どけが良いく美味しいです。また、日が経ってもボソボソに成り難くいパンが作れます。

キッチンニーダーは混ぜて捏ねるだけの機能しかないのになんだか高価なイメージがありますが、使い勝手が良くメンテに手間がかからず、長い目でみるとコスト的にもお得だと思います。

ニーダーの仕様・使い方・評価

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

ニーダーを使ったパンレシピ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4