キッチンニーダーでパン作り~残りご飯で食パンを作る

キッチンニーダーでパン作り~残りご飯で食パンを作る(ドライイースト)

キッチンニーダーでパン作り~残りご飯で食パンを作る(ドライイースト)

材料

材料A

  • 強力粉 250g (100%)
  • ご飯 100g (40%)
  • ドライイースト 3g (1.2%)
  • 水 90g (36%)
  • 砂糖 20g (8%)

材料B

  • 水 50g (20%)
  • 塩 3g (1.2%)
  • バター 15g (6%)

※ ( )内はベーカーズパーセント
※ ご飯は雑穀ご飯を使っています

こんな材料を使っています-材料の詳細と館長の私見

キッチンニーダー(KK81)の使い方 

付属のレシピ本を参考にしながら、ご飯パン(食パン)を作ってみることにします。

工程

工程

※オレンジ色の部分がニーダーの工程になります。

準備

材料Aのご飯と水を合わせて30分ほど置いてなじませておく。

ニーディング(1)~熟成(2)

材料Aを投入して混ぜ合わせます。ご飯と小麦粉がなじみませます。この時、ご飯だけが塊になり小麦粉と上手く混ざらない時は、ゴムベラなどで塊を崩しながら混ぜてください。

材料ニーディング(1)

ニーディング(3)

水和の進んだ生地に残りの材料Bを投入して捏ね上げます。

加えるご飯により水分量が異なりますので、様子を見ながら水分量を調節してください。下の写真の様子では少し水が多い感じです。

こね上がり

熟成・発酵(4)

生地が捏ね上がったら、ポットにフタをしたまま、生地が2倍ほどの大きさになるまで発酵させます。この時の発酵終了のタイミングは、時間では無く、生地の膨らみ具合を見て判断して下さい。また、合わせてフィンガーテストで確認をして下さい。指に小麦粉を付けて生地に差し込みます。その時、出来た穴に変化が無い場合は良いタイミングです。穴がふさがる様なら発酵不足ですので、もう少し発酵させて下さい。生地がしぼむようなら過発酵です。

写真は発酵終了時の生地の様子です。

発酵

ガス抜き(5)

発酵で生成した炭酸ガスを抜きます。発酵中に生地内に過度に溜まった炭酸ガスは、イースト・酵母の発酵を妨げる存在になります。

分割・ベンチタイム(6)~成形・発酵(7)~焼成(8)

  1. 生地を取り出して上から軽く押さえて、スケッパー(カード)で2等分する。それぞれを丸めて、生地のとじ目を下にして、固く絞った濡れフキンをかけて、20~30分生地を休める。
  2. ベンチタイム終了後、生地を軽く押さえて平らにしてから再び丸く形を整え、ショートニングを塗った食パン焼型に入れる。(型は食パン焼型1斤用を使用 / 内寸:(上) 95W×195L (下) 88W×182L(高さ):95Hの食パン焼型一斤用を使用)
    成形
  3. 固く絞った濡れフキンをかけて、30~60分ほど、生地が2倍ほどに膨れるまで二次発酵させる。(型の上に生地が少し顔を出す程度膨れるまで)
    二次発酵終了

焼成(8)

  1. 二次発酵後、天板に乗せ空いている部分に霧吹きでたっぷりと霧を吹く。
  2. 160℃×10分→190℃×20分→200℃×5分で焼く。
  3. 途中、焼き色が付き過ぎるようなら、パンの上にアルミ箔を軽く被せておくと良いです。
  4. 焼き上がったら直ぐに、金網や籠の上に乗せて冷ます。

メモ

名付けて「残りごぱん」(^^)v

窯伸びも良くふっくらと大きく膨らんでします。

米粉パンと同じようなモッチリとした小麦粉だけのパンには無い食感です。キメも細かく口解けの良いパンに仕上がっています。このモチモチ食感はクセになります。これなら、米粉を使わなくても十分ですね。

ご飯には雑穀を混ぜているので、それが所々に顔を出し、良いアクセントになっています。

この「残りごぱん」を使って、お惣菜をはさんでサンドイッチにして楽しんでもいいと思います。美味しいサンドイッチになりますよ。

【送料込】日本ニーダー(KNEADER) パンニーダー ステンレスポット SP-S

【送料込】日本ニーダー(KNEADER) パンニーダー ステンレスポット SP-S
7,300 円 (税込) 送料込
評価 3
※代金引換(代引き)不可。 ※離島・沖縄への送料は別途 864円かかります。  (合計金額はご注文後にお知らせします。) ※パンニーダー、たためる発酵器(PF102)、  発芽のちから以外の商品との同梱はできません。 【適応機種】 ◆PK301 ◆PK601 ◆PKC601 ◆KK81 ◆KK81S ◆PK80..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

ニーダーを使ったパンレシピ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

ニーダーの仕様・使い方・評価

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4