モリンガパン

「緑のミルク」と称されるモリンガの入ったパンです

モリンガパン

材料

  • 強力粉 300g
  • モリンガ(粉末) 3g
  • ドライイースト 3g
  • 水 195g
  • 塩糀 6g
  • 塩 3g
  • 砂糖 12g
  • スキムミルク 15g
  • バター 15g
こんな材料を使っています-材料の詳細と館長の私見

作り方

〔捏ね~一次発酵〕

  • 大きめのボウルに、強力粉、モリンガ粉末、ドライイースト、砂糖、スキムミルク、水を分量の半分ずつ様子を見ながら加えて混ぜる。(生地がゆるいので捏ねにくいと思います。どうしても手に付いて捏ね難い時は、水を10g程度減らしてください。)
  • グルテンがつながり生地がまとまってきたら、塩と塩糀を加えて捏ねる。
  • 更にバターを入れて、しっかりと捏ねる。
  • 生地が捏ねあがったら、2~3倍に膨れるまで一次発酵させる。

〔成形・ベンチタイム~二次発酵〕

成形

  • 生地を取り出して上から軽く押さえ平らにしてガス抜きをする。
  • 2等分してから丸め、生地のとじ目を下にして、固く絞った濡れフキンをかけて15~20分生地を休める。
  • ベンチタイム終了後、生地を軽く押さえて平らにしてから再び丸く形を整え、ショートニングを塗った食パン焼型に入れる。(型は食パン焼型1斤用を使用 / 内寸:(上) 95W×195L (下) 88W×182L(高さ):95Hの食パン焼型一斤用を使用)
  • 固く絞った濡れフキンをかけて、30分~1時間、生地が2倍ほどに膨れるまで、二次発酵させる。(型の上に生地が少し顔を出す程度膨れるまで)

〔二次発酵~焼き〕

二次発酵

  • 二次発酵後、天板に乗せ、160℃×10分⇒190℃×20分⇒210℃×5分のオーブンで焼く。
  • 途中、焼き色が付き過ぎるようなら、パンの上にアルミ箔を軽く被せておくと良いです。
  • 焼き上がったら直ぐに、金網や籠の上に乗せて冷ます。

メモ

  • ここ数年、ジワジワと知名度が上がってきており、それに従って注目をされるようになってきた「モリンガ」です。
    モリンガ粉末
  • 詳細はこちらで⇒栄養たっぷりのモリンガ!モリンガ粉末 50g ※沖縄産100%[5個までメール便可!]
  • 「モリンガ」はインド原産の植物で、日本では主に沖縄で栽培されています。「モリンガ」には、各種ミネラル、ビタミン、アミノ酸、ギャバ、ポリフェノール等々、非常に多くの有用栄養素が驚くほど含まれています。そのため、近年、日本でも健康食品として注目を集めるようになってきています。
  • 「モリンガ粉末」の見た目や香りは、よもぎに近いものがあると思います。パン生地に加えると淡いきれいな緑色を呈します。モリンガだよと言われなければ、よもぎ入りのパンと間違えると思います。ベーカーズパーセントで1%のモリンガを加えていますが、この量だと緑色の発色が少ないかな。モリンガの風味は強くないので、この量の2,3倍入れても味には全く問題ないと思います。その方が緑色がより鮮やかに出ると思います。
    モリンガパン
  • 味にクセもないのでパン作りに限らず、色々な料理への応用ができそうです。
  • モリンガの詳細はこちら⇒モリンガ | 館長の台所

モリンガ パウダー 80g 【メール便送料無料】 | スーパーフード 栄養豊富な葉の部分をタップリ使った高品質のモリンガ

モリンガ パウダー 80g 【メール便送料無料】 | スーパーフード 栄養豊富な葉の部分をタップリ使った高品質のモリンガ
2,197 円 (税込) 送料込
モリンガは灼熱の熱帯、亜熱帯の環境の中で育ち、紀元前2,500年前から発見されている非常に歴史があることでも知られています。 モリンガはとても生命力が強く、成長が早い植物で葉には数多くの栄養が含まれています。 当店のモリンガパウダーはセブ島に豊富に生い茂る自生..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop