リーンな生地で作るオニオンパン

ホシノ天然酵母パン種で作るオニオンパン

ホシノ天然酵母パン種で作る「オニオンパン」

材料

〔生地の材料〕

  • 強力粉(リスドォル) 300g
  • 生種(ホシノ天然酵母フランスパン種もしくはホシノ天然酵母パン種) 18g
  • 水 195g
  • 塩 4g
  • 砂糖 6g
  • オリーブオイル(仕上げ用) 適宜

〔中に入れる具材〕

こんな材料を使っています-材料の詳細と館長の私見

作り方

〔具材の準備〕

  • タマネギは5mm角ぐらいの大きさに刻む。
  • ハム、チーズもタマネギの大きさに合わせて切る。
  • それらをボウルに入れて多めの黒胡椒を入れて良く混ぜておく。

〔捏ね~一次発酵〕

  • 大きめのボウルに、強力粉、生種、砂糖を入れ、そこへ水を様子を見ながら加えて混ぜる。更に塩を加えて捏ねる。
  • 生地が捏ねあがったら、2~3倍に膨れるまで一次発酵させる。(25℃前後で5,6時間)
  • 生地作りはこちらを参照してください。⇒ バゲット・トラディショナル ~ 作り方とポイント

〔成形1〕

成形1

  • 生地を取り出して軽く押さえ平らにしてガス抜きをする。
  • 打ち粉をして生地を18cm×24cmぐらいの長方形に伸ばす。生地は無理に伸ばさずに、自重で優しく伸ばす。(生地は柔らかいので簡単に伸びます。)
  • 広げた生地の上に具材を均等に乗せる。
  • 生地の中央に向かって具を包むように、生地の両端を少し重ねる感じで折る。

〔成形2〕

成形2

  • 生地を十字切り、四等分する。
  • それぞれの生地を切断面を中に入れるような感じで、中の具が外に出ないように優しく丸める。
  • 生地をとじたら、とじた所を下にして耐熱プラスチックの型に入れる。

〔二次発酵〕

二次発酵

  • 生地が2倍ほどに膨れるまで二次発酵させる。

〔二次発酵~焼き〕

カット

  • 二次発酵後、生地の表面にオリーブオイルをハケで優しく塗る。
  • 生地の中央部にはさみで十字に切れ目を入れる。
  • 210℃のオーブンで20分焼く。
  • 焼き上がったら直ぐに、金網や籠の上に乗せて冷ます。

メモ

  • 生地はリスドォルを使って、卵や油脂類を入れないリーンな生地に仕上げています。そのため焼き上がった生地は外側はパリッとした歯ざわりで、中はふんわりとしています。また、口当りがとても軽い仕上がりになっています
  • たっぷりの具を包んでいるので、食べ応えもあります。余分な味付けをしなくても、中に入っているチーズやハムの塩分、たっぷりの胡椒がいいアクセントとなっており、物足りなさを感じさせません。
    ホシノ天然酵母パン種で作る「オニオンパン」
  • このパンひとつあれば、他に飲み物と簡単なサラダを付ければ、朝ごはんには十分なメニューになります。
  • 今回、ホシノ天然酵母フランスパン種を使いましたが、普通のホシノ天然酵母種でも全く問題はありません。フランスパン種のほうが一次発酵の時間に少し余計にかかります。

【型】耐熱プラスチック型 新IFトレー小判型 170×65 5枚入り パン型 IFトレー_

【型】耐熱プラスチック型 新IFトレー小判型 170×65 5枚入り パン型 IFトレー_
734 円 (税込)
評価 4.69
●配送方法: ●商品説明 プラスチック製の簡易焼き型である新IFトレー。 繰り返し使用でき、焼成時間190度15分の条件で、約50回使用ができます。 粘性が高く、割れにくくしていることが特長です。 ※パンの生地の種類によっては剥離が悪い場合があります。その際は、離型油を..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop