あこ天然酵母パンの元を使っての生種の作り方

材料

あこ天然酵母パンの元

  • あこ天然酵母パンの元 50g
  • 水 100cc

包みから出した状態

あこ天然酵母パンの元は国産小麦、国産低農薬米を使い、添加物は一切使わずに作られています。同じような原材料を使って作られている「ホシノ天然酵母パン種」と見た目、香りともそれほど変わりません。

あこ天然酵母パンの元には「ストロングタイプ」と「ライトタイプ」があり、説明によると「ストロングタイプ」は食パン、菓子パン、クロワッサンなどに向いており、「ライトタイプ」はフランスパン、ライ麦パンなどハード系に向いているようです。なお、ここで紹介するものは「ストロングタイプ」のものになります。

あこ酵母で焼くパンは、甘味が良く引き出された美味しパンに焼きあがります。個人的な意見ですが、市販の酵母の中では、この「あこ酵母」で焼いたパンが一番私の好みに合っています。特に食パンを焼く時にオススメしたい酵母です。

※作った生種は冷蔵庫で2~3週間保存ができる。また、乾燥粉末(元種)の状態だと、製造日より1年(冷蔵庫で保管、理想4℃)保存が可能です。なお、パンを作る際は、小麦粉250gに対して、生種(ストロング)20gが必要です。出来上がった生種は、ホシノ天然酵母と同じレシピで使えます。

あこ天然酵母パンの元の育て方

作り方はホシノ天然酵母種の場合と同じです。 〔こちらを参照して下さい〕

・・・中略・・・

32時間後

32時間後

  • 最初はモッタリとして粘りがあるような感じであったが、この時点になるとサラサラとしてくる。
  • 泡は減ってきたもののまだ盛んに出ている。
  • アルコール臭が強くなり、なめるときつめのお酒のような味がする。
  • 完成です!

あこ天然酵母パンの元の育て方での注意点

  • 使用する器具・容器は清潔に保つこと。煮沸消毒して使って下さい。
  • 室温が30℃を越えてくると、雑菌が繁殖しやすくなるようですので、特に夏場は涼しい所で酵母を育てて下さい。逆に冬場は酵母の活動が鈍くなります。35℃を超えないようにしましょう。
  • 従って、酵母は育てる温度に大きく左右されますので、発酵に時間がかかったり、早く発酵したりと、その時々により異なります。(今回は室温25~27℃で酵母を育てています)
  • 出来上がった生種は冷蔵庫で保管して下さい。冷蔵庫で2~3週間保存できますが、早めに使い切ったほうが良いようです。段々と発酵力が弱まってきます。
  • あこ天然酵母パンの元で作った生種は継がずに使い切りましょう。生種が無くなったら新たに作るようにしましょう。

[チャック袋]あこ天然酵母 ストロングタイプ種 250g_

[チャック袋]あこ天然酵母 ストロングタイプ種 250g_
1,188 円 (税込)
評価 4.66
●配送方法: ●賞味期限の目安:120日以上 ●商品説明: 安定した発酵力で、味わいが深く、ソフトでしっかりとしたパンに焼き上がります。 くせがなく軽やかで、小麦粉の風味が素直に表現されますので、フィリングの味を損ねません。 菓子パン、食パンなどオールマあイティー..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop