モロヘイヤパンの食パン

ホシノ天然酵母パン種で作るモロヘイヤパンの食パン

ホシノ天然酵母パン種で作る「モロヘイヤパンの食パン」

材料

  • 強力粉 300g
  • 生種 20g
  • モロヘイヤパウダー 5g
  • 水 170cc
  • はちみつ 大さじ1
  • トレハロース 10g
  • バター 15g
  • 塩 小さじ1

こんな材料を使っています-材料の詳細と館長の私見

作り方

〔捏ね~一次発酵〕

  • 大きめのボウルに、強力粉、生種、モロヘイヤパウダー、はちみつ、トレハロース、水を分量の半分ずつ様子を見ながら加えて捏ねる。
  • 生地がまとまってきたら塩を加えて更によく捏ねる。
  • 生地が手に付かなくなってきたら、バターを加えて、生地が滑らかになるまで捏ねる。最初はべた付いて扱いにくいですが次第にきれいにまとまってきますので、一生懸命に捏ねましょう。
  • 生地が捏ねあがったら、2~3倍に膨れるまで一次発酵させる。(25℃前後で5,6時間)

〔成形・ベンチタイム~二次発酵〕

成形

  • 生地を取り出して上から軽く押さえてガス抜きをして、スケッパー(カード)で2等分する。
  • それぞれを丸めて、生地のとじ目を下にして、固く絞った濡れフキンをかけて20~30分生地を休める。
  • ベンチタイム終了後、生地を軽く押さえて平らにしてから再び丸く形を整え、ショートニングを塗った食パン焼型に入れる。(型は食パン焼型1斤用を使用 / 内寸:(上) 95W×195L (下) 88W×182L(高さ):95Hの食パン焼型一斤用を使用)
  • 固く絞った濡れフキンをかけて、1時間30分~2時間、生地が1.5倍ほどに膨れるまで、二次発酵させる。(型の上に生地が少し顔を出す程度膨れるまで)

〔二次発酵~焼き〕

二次発酵

  • 二次発酵後、190℃のオーブンで30分焼いたら完成。
  • 焼き上がったら直ぐに、金網や籠の上に乗せて冷ます。

メモ

  • 旅行先で立ち寄ったお店で、偶然このモロヘイヤパウダーを見つけました。これを使ってパンを焼くことを思い付き、早速購入です。
    モロヘイヤパウダー
  • モロヘイヤは栄養価の高い野菜です。私は普段は生のものを茹でてダシ醤油をかけて食べることが多いです。茹でるとモロヘイヤ独特のネバネバがいっぱいでてきて、ツルッとした食感が美味しく、クセのない野菜です。今回使用したモロヘイヤパウダーは5gでしたが、使い勝手もいいし、これでも十分に生地にきれいな色が付き、香りもいいです。ちょうどヨモギの香りを優しくしたような感じです。焼き上がりの味も香りも、モロヘイヤだぞ!という強い主張も無く、美味しい仕上がりになっています。小麦の香りもしっかりと生きていますし、これは使い勝手のいい食材だと思います。
  • 中はこんな感じ。いい色合いに焼き上がっていると思います。
    モロヘイヤパンの断面